淡々と・・・

淡々と過ぎていく日々、心にとまったひとこまを写真と短文で綴っています。

ヤマボウシ(実)

f:id:tantan_10:20201007103457j:plain

今年は、ヤマボウシの実りが悪いようです。

6月に花は、たくさん咲いていたのですが、

実をつけている木を探すのが大変なほど少ない

です。昨年は多くの木に赤い実がついていたの

ですが、どうしたことでしょう。

季節が巡って、毎年同じような顔ぶれの植物を

ブログに載せていますが、毎年全く同じという

ことは決してありません。最初は、季節ごとの

植物の花や実の見頃の備忘録になれば、と思っ

て始めたブログでしたが、過去の記事を見返し

てみると、随分違うことに気付かされます。

一番の原因は、このところの気候の変動が激し

いためでしょうが、私自身の立ち位置が不安定

で、その日によって親の機嫌や体調が悪く、観

察に行かれる時間や日にちが定まらないためで

もあります。 

今年は、日本付近はラニーニャ現象が発生して

いるそうで、暑い夏の後は、寒さが厳しい冬が

やって来るそうです。ということは、雪かきが

欠かせない冬となりそうで、今からもう気が重

くなっています。 

 

tantan10.hatenablog.com

ヒメツルソバ(花)

f:id:tantan_10:20201006103016j:plain

数年前、歩道橋の下の小さな植え込みから

少しだけもらって来たヒメツルソバが今年は

だいぶ増えました。

夏の日差しがカンカン当たるのは苦手らしく

今年はアサガオの日陰になったのが幸いして

地面を這って勢力範囲を広げています。

秋になって、アサガオのツルが萎れ始めると

ついに自分の天下になったと言わんばかりに

元気にコンペイトウのような花をたくさんつ

け始めました。秋が深まれば、葉も赤く紅葉

します。

ヒメツルソバは、園芸店で売られている場合

はポリゴナムという名前で並んでいることも

あります。葉に斑が入る種類と入らない種類

があり、入らない方がより丈夫だということ

です。

庭の地面は、土がむき出しになっていると雑

草が生えてしまいます。でも、地面を覆うよ

うな植物が先に生えていれば雑草は生えにく

くなります。そのためグラウンドカバーと呼

ばれる地面を這う性質のある植物を植えると

雑草対策に良いと言われています。 

雑草との闘いは本当に骨が折れるものなので

この可愛いヒメツルソバが増えて少しでも助

けてくれたらいいなぁと期待しています。

 

tantan10.hatenablog.com

イタドリ(実)

f:id:tantan_10:20201005161311j:plain

夏に小さな小花を咲かせていたイタドリが

今は、実をつけています。

ちょっとした空き地や土手など至る所に増

えてしまうため今は困った存在ですが、漢

方薬や太い茎は杖の材料としても役に立ち

利用価値のある植物です。

冬になると地上部は枯れてしまいますが、

春に出した若い芽は、山菜として食べるこ

とが出来ますし、昔の子供はスカンポと呼ん

でおやつ代わりにしゃぶっていたと両親から

聞いたこともあります。また酸味があるので

それを利用してジャムのようにして食べるこ

とも出来るそうです。

イタドリは、雄株と雌株があり、雌株にだけ

写真のような羽根のついた実がなります。羽

根の中心部が種で風に乗って遠くに飛ばされ

ることで爆発的繁殖を持つのです。

茎と同様に根が丈夫なことを利用して崖崩れ

などの修復に土留めとして利用されることも

あります。ただ強過ぎる根は、コンクリート

も突き破ってしまう威力が仇となって現在は

嫌われ者的存在です。

どんなものでも良い面と悪い面があるもので

す。悪い面があるからといって根絶やしにす

るのではなく、良い面を生かして共存してい

けたら良いのになぁと思っています。

今日の空45

f:id:tantan_10:20200814150826j:plain

朝、新聞を取りに外に出るとどこからかキン

モクセイの香りがしました。

2,3日前だいぶ蕾が膨らんでいるなぁと確認

したのでいよいよ花が咲き始めたのかもしれ

ません。

このところ日中は曇り空で夕方になって晴れ

てくる天気が続いています。灰色の空は脳の

働きを悪くするのか眠気ばかりが襲ってきま

す。秋というとかつてはスッキリとした爽快

感を感じる季節だった気がするのですが、こ

こ数年はダラダラと過ぎてしまいます。

滅多にないことですが、夕方、雲と太陽が見

たことのない美しい空を作り出す時がありま

す。全く予想が出来ないことでフッと気がつ

くと周囲が赤く染まっていて慌てて外や2階

へカメラを持って走って行きます。シャッタ

ーを押している間にもみるみる色は変わり、

目に映る色と写真に残った色は違ってしまい

ます。後で眺めて残念な気持ちになるのです

が、仕方ありません。ブログの写真は、基本

スマートフォンのカメラで撮れる写真だけ、

というルールを決めたのは私自身です。

実物の色は、もっときれいだった、といつも

思いながらブログを更新しています。

エノコログサ(実)

f:id:tantan_10:20200930140540j:plain

エノコログサは、野原に行けばどこにでも生え

ています。

初夏から秋まで長い間見ることが出来るので

花がいつ咲いて実がいつ実っているのかよく

わからない植物ですが、実は穀物のアワの原種

であることを最近知りました。

一時は、アワやヒエなどの雑穀は美味しくない

と食べられなくなっていましたが、最近はビタ

ミンやミネラル、食物繊維などが豊富なことか

ら見直されてお米に混ぜて食べたりするように

なっています。

一見同じように見えるエノコログサも気を付け

て見ると穂の大きさに大中小とあり、穂の色も

金色や紫色のものなど色々な種類があります。

世界中の温帯地域にあり、都会でもちょっとし

た地面があれば生えている強さ。子犬や子猫だ

けでなく人間でも風に揺れる愛らしさにちょっ

と摘んで連れて帰りたくなる魅力のある植物

です。

ハナミズキ(実)

f:id:tantan_10:20201001153530j:plain

木々の中で今年もハナミズキの葉が、一番最初

に色付き始めています。

葉の間には、朱色の実をしっかりと抱えている

のが目立ちます。この実は、葉がほとんど落ち

てしまっても残っていて、冬空で鳥が来るのを

待っているのをよく見かけます。冬の雲ひとつ

ない青空をバックに赤い実だけが枝に残ってい

るのは、美しい光景です。今回の写真は、よく

見ると実の左側に黒いカメムシのような昆虫が

しがみついていました。冬支度でしょうか。

秋の深まりと共に山里は益々静かになっていき

ます。稲刈りも終わり、田んぼも空っぽになり

ました。日に日に気温が下がっています。最低

気温が10度を切る日も目前です。

生き物の気配が潮が引くように少しずつ消えて

いきます。

なんだか自分一人が世界から置いてけぼりにな

ったような気分になっています。

 

tantan10.hatenablog.com

今日の空44

f:id:tantan_10:20201002100306j:plain

昨晩はお月見をした方が多かったのではない

でしょうか?

私の住む地方は、日中はずっと曇天だったので

今日はお月見は無理かなぁと思っていたのです

が、夕方になって急に青空が広がり晴れてきた

ので無事十五夜を楽しむことが出来ました。

9月は、雨ばかりでほとんど月を見ることが出

来なかったので夜空を明るく照らしている月を

久しぶりに見ることが出来て嬉しかったです。

家族でかわるがわる窓辺に立って昇って来た月

を眺めました。

最近はLED電球の街灯が眩しいほど夜道を照ら

しているので、夜も興覚めするほど明るいこと

が多いのです。防犯上は、その方が良いのでし

ょうが、なんだか夜の価値が少なくなったと感

じるのは私だけでしょうか?それに白色のLED

電球の光を見た直後は、星が見えないのです。

視神経がおかしくなるようでしばらく暗い所で

目を慣らしてからでないと星を見つけることが

出来ないのです。

しばらくして再び少し高くなった月を見ると横

に赤い星が輝いていました。後で調べるとどう

やら火星のようです。今月6日に地球に最接近

するそうです。しばらく晴天が続きますように

と星に願っています。

カラハナソウ(花)

f:id:tantan_10:20200929161524j:plain

自転車で通りかかった藪に珍しい花穂を見つけ

急いで引き返しました。

近づいてよく見るとビールの原料になるホップ

というものに似ていると思いました。

以前テレビで観た園芸家が、グリーンカーテン

としてホップを育てていたのを見たことがあり

素敵だなぁと思った記憶がよみがえりました。

家に帰って調べるとこの松かさに似た花穂は

ホップの仲間のカラハナソウという植物だと

わかりました。ビールに使うホップを西洋カラ

ハナソウ、日本に元々あるカラハナソウを山ホ

ップと呼んだりするそうです。カラハナソウ

仲間は、雄株と雌株があるようで、この松かさ

のような花をつけるのは雌株だそうです。

現在、ビール用のホップは、日本ではビール会

社と契約した農家が厳しい管理の下、栽培して

いて育てているのは花穂が出来る雌株だけだそ

うです。たまに雄株が現れると引き抜かれて抹

殺されてしまうほど厳しいそうです。

すっかりホップだと思っていたカラハナソウ

ら色々なことがわかってビールはあまり飲まな

いけれどホップのグリーンカーテンは来年挑戦

してみたいな、と思っています。

ツリフネソウ(花)

f:id:tantan_10:20200928150437j:plain

今年もツリフネソウが、少し前から咲き始めて

います。この花は、湿気が多い斜面に咲いてい

ることが多いので、足場が悪く、写真を撮るた

めに近づくことが出来ずにいました。

しばらくして、自転車で少し遠出した際、少し

下流の別の場所を訪れ、ようやく写真を撮るこ

とが出来ました。

そこは、時々、車が通る沢沿いの薄暗い橋の下

でやはりジメジメしている場所ですが、道の側

まで小さなピンク色の花が群れていました。多

分、車の中からは、花は見えないと思いますの

で車中の人からは、私が、不審者に見えたかも

しれません。珍しく風が、強い日で小さな花は

煽られて激しく揺れてしまうため写真に上手く

納まらず、20分くらいそこで粘っていたかも

しれません。

橋の下の道は、午後のほんの一刻しか日が当た

らない場所です。ヒンヤリとした空気の中で、

束の間の光を反射しながら風に揺れているツリ

フネソウの群れは、いつまで眺めていたい美し

い光景でした。 

 

tantan10.hatenablog.com

今日の空43

f:id:tantan_10:20200928095746j:plain

やっと晴れました。

9月は、ほとんど曇りか雨の日だったので心の

底から晴れ晴れとした気分を味わっています。

自分の努力でどうにも出来ないことに対して

クヨクヨと思い煩うことは精神衛生上良くない

と何かで読んだ記憶がありますが、天気に対し

てはどうしても不満を持ってしまいます。

今年の春のように雨が少ないと野菜や花が育た

ないなど色々困ることがあるのは十分わかって

いるのですが、青空を見ないとどうしても気分

が沈んでしまうのです。晴れていれば上機嫌、

なんて単純な人間なんだ!と自分自身で思うの

ですが、それが私という人間なのです。

50歳くらいになってようやく自分という人間

をどう扱えばいいのかわかるようになった気が

しています。肉体的、精神的弱点がわかって対

応する方法も定まったという感じです。

友人とこのような話をしたことがないので他の

人がどのように考えているのかわかりませんが

漠然とこれが大人になったということなのかな

と思っています。