淡々と・・・

淡々と過ぎていく日々、心にとまったひとこまを写真と短文で綴っています。

カリン(実)

今年も近所のカリンが実りました。 過去の記事を確認すると昨年とほぼ同じ時期 です。 カリンの木は、枝を上へまっすぐ伸ばす性質 があるようで枝が横に広がらないため狭い場 所でもコンパクトに収まっています。 実が大きくなってくるとまっすぐだった枝は …

ナギナタコウジュ(花)

田んぼのあぜ道でちょっと長めの歯ブラシの ような花を見つけました。 気をつけて見ると草むらのあちこちに咲いて います。初めて見る花で名前がわからなかった ので家に帰ってから調べるとナギナタコウジュ というシソ科の植物のようです。 歯ブラシのよう…

今日の空49

2,3日続いた晴天も終わりが見えてきま した。 天気が下り坂になると共に心にモヤモヤ した黒い気持ちが広がってきます。 先週末に、友人から格安スマホの良い点と 悪い点を教えて欲しいとメールが来ました。 私は、すぐに簡単にまとめた返事を出しま した…

キノコ17

秋のキノコのシーズンがやって来ました。 かつては、キノコは秋だけのものかと思って いましたが、今年の梅雨時、雑木林に続々と 出現するキノコたちを見てからは梅雨時も 結構キノコが出るのだと知りました。 このところ、ようやく秋の長雨が終わったよう …

ノイバラ(実)

朝、冷え込んだ日は昼間はポカポカ陽気に なります。 紅葉にはまだ早い雑木林ではノイバラの実が 赤く目立っています。もう少しするともっと 赤味を増しますが、その頃になると鳥にだいぶ 食べられてしまいます。鳥は命をつなぐため、 私は眺めて楽しむだけ…

オオバクサフジ(花)

久しぶりに晴れて両親の体調もまあまあだった ので3人で少し遠出の散歩に出ました。 8月に来た時は、まだ周囲の田んぼに稲穂が 揺れている風景でしたが、今はすっかり刈り取 りが終わって広い空の下、空っぽの田んぼが 清々しく広がる風景です。 6月頃は…

ホトトギス(白花)

狭い裏庭に植えてある白いホトトギスが ようやく咲きました。 この花は、だいぶ前、母が散歩の途中で山道で 見つけて取って来たそうです。雄しべの先が、 薄紫色になっていてちょっと珍しいものです。 普通のホトトギスは、花全体に紫色の斑点が あるものが…

ピラカンサ(実)

6月に白い小花をたくさん咲かせていたピラ カンサが、今は赤い実をつけています。 花をたくさんつけていたので実もたくさんなる だろうと思っていたのですが、予想していた ほどたくさんはなっていません。梅雨が長くて 虫が受粉に来なかったのか、それとも…

セイタカアワダチソウ(花)

晴天でも吹く風が、急に冷たくなりました。 温かそうな陽だまりでセイタカアワダチソウの 花が、咲き始めています。蝶たちは、温かい場 所をよく知っていて、それぞれが花の頂点に留 まってゆっくりと羽ばたいています。 セイタカアワダチソウは、今や日本中…

今日の空48

日が沈む時間が日に日に早まっています。 夏は午後7時でも薄明るかったのに今は 気がつくと外は真っ暗です。 10月もあっという間に半分が過ぎてしまい ました。そういえば、最近飛行機雲を見かけ ません。今年は、コロナウィルスの流行で 海外との行き来が…

マユミ(実)

今年もマユミの赤い実が見られる季節となり ました。 くすんだピンク色の果実が割れて中から赤い 種が出ているのは、まだ果実のほんの一部な のでこれからまだしばらくこの可愛い様子を 見ることが出来ると思います。 マユミの木は、良くしなることから昔は…

コムラサキシキブ(実)

昨年より少し遅れてコムラサキシキブの実が 紫色に色付いてきました。 この実は、透明感はないのですが、不思議な 魅力を持った実です。 何かに例えることが出来るだろうか?と考え てみましたが、思いつきません。 ブドウの色は、もっと暗い紫ですし、ジャ…

今日の空47

雲の向こうに太陽が透けて見えます。 もうずいぶん長いこと青空を見ていない気が します。いったいいつになったらスッキリと 晴れるのかなぁ。 毎日朝起きては失望を繰り返してため息をつ くのが日課になっています。明日から晴れる という天気予報の太陽マ…

イチジク(実)

小粒のイチジクの実が、スーパーの野菜売り場 にたくさん並ぶ季節になりました。 この地方では、小粒のイチジクを甘露煮にして 食べる風習があるようで、初めてたくさんのイ チジクを目にした時はちょっと驚きました。 幼い頃、住んでいたアパートの裏庭には…

ミゾソバ(花)

すっかり空っぽになった田んぼの水たまりや 水路の湿った場所でミゾソバの花がにぎやかに 咲いています。 ピンク色の花は、とても小さく私が、花だと思 って見ていた部分はガクだそうです。実際の花 は、真ん中のほんの一点だけです。葉の形が、 牛の額に見…

今日の空46

明日から天気は、下り坂という日の夕方は、 雲が帯のように横たわって空に伸びています。 雨を降らす雲の端っこと青空がせめぎ合って いるのが下界からもうかがえます。太陽が、 西の空に瞬く間に沈んで行き、冷たい風が吹 いてきます。 今月が誕生月の私は…

キンモクセイ(花)

天気は良くなかったのですが、このところ雨が 降らない日が続いていました。 キンモクセイは、晴天の乾燥した日よりも湿度 の高い曇天により強く香ってきます。 この辺りは庭にキンモクセイを植えている方が 多く、今は町内一面が甘い香りに包まれている 状…

ヤマボウシ(実)

今年は、ヤマボウシの実りが悪いようです。 6月に花は、たくさん咲いていたのですが、 実をつけている木を探すのが大変なほど少ない です。昨年は多くの木に赤い実がついていたの ですが、どうしたことでしょう。 季節が巡って、毎年同じような顔ぶれの植物…

ヒメツルソバ(花)

数年前、歩道橋の下の小さな植え込みから 少しだけもらって来たヒメツルソバが今年は だいぶ増えました。 夏の日差しがカンカン当たるのは苦手らしく 今年はアサガオの日陰になったのが幸いして 地面を這って勢力範囲を広げています。 秋になって、アサガオ…

イタドリ(実)

夏に小さな小花を咲かせていたイタドリが 今は、実をつけています。 ちょっとした空き地や土手など至る所に増 えてしまうため今は困った存在ですが、漢 方薬や太い茎は杖の材料としても役に立ち 利用価値のある植物です。 冬になると地上部は枯れてしまいま…

今日の空45

朝、新聞を取りに外に出るとどこからかキン モクセイの香りがしました。 2,3日前だいぶ蕾が膨らんでいるなぁと確認 したのでいよいよ花が咲き始めたのかもしれ ません。 このところ日中は曇り空で夕方になって晴れ てくる天気が続いています。灰色の空は脳…

エノコログサ(実)

エノコログサは、野原に行けばどこにでも生え ています。 初夏から秋まで長い間見ることが出来るので 花がいつ咲いて実がいつ実っているのかよく わからない植物ですが、実は穀物のアワの原種 であることを最近知りました。 一時は、アワやヒエなどの雑穀は…

ハナミズキ(実)

木々の中で今年もハナミズキの葉が、一番最初 に色付き始めています。 葉の間には、朱色の実をしっかりと抱えている のが目立ちます。この実は、葉がほとんど落ち てしまっても残っていて、冬空で鳥が来るのを 待っているのをよく見かけます。冬の雲ひとつ …

今日の空44

昨晩はお月見をした方が多かったのではない でしょうか? 私の住む地方は、日中はずっと曇天だったので 今日はお月見は無理かなぁと思っていたのです が、夕方になって急に青空が広がり晴れてきた ので無事十五夜を楽しむことが出来ました。 9月は、雨ばか…

カラハナソウ(花)

自転車で通りかかった藪に珍しい花穂を見つけ 急いで引き返しました。 近づいてよく見るとビールの原料になるホップ というものに似ていると思いました。 以前テレビで観た園芸家が、グリーンカーテン としてホップを育てていたのを見たことがあり 素敵だな…

ツリフネソウ(花)

今年もツリフネソウが、少し前から咲き始めて います。この花は、湿気が多い斜面に咲いてい ることが多いので、足場が悪く、写真を撮るた めに近づくことが出来ずにいました。 しばらくして、自転車で少し遠出した際、少し 下流の別の場所を訪れ、ようやく写…

今日の空43

やっと晴れました。 9月は、ほとんど曇りか雨の日だったので心の 底から晴れ晴れとした気分を味わっています。 自分の努力でどうにも出来ないことに対して クヨクヨと思い煩うことは精神衛生上良くない と何かで読んだ記憶がありますが、天気に対し てはど…

イヌタデ(花)

イヌタデの花をしごいてバラバラにしたもの をアカマンマと呼んでおままごとに使ってい たのは私の世代が最後くらいでしょうか? アカマンマという言葉は、俳句の世界では秋 の季語となっているのでイヌタデも秋の花の イメージが強いのですが、実際は、初夏…

ヒヨドリバナ(花)

8月に少し涼しくなって、一度咲き始めたの ですが、暑さがぶり返したら姿を消してまた 最近見られるようになったヒヨドリバナ。 フジバカマの花にそっくりなので初めて見た 時は、野生のフジバカマだと勘違いしたほど です。よく見ると葉の形がフジバカマは…

ノギク(花)

まだ暑い最中から秋を一番最初に知らせて くれているのはノギクの白い花です。 8月中から野辺のあちらこちらで咲き始め 11月終わりまで次々と咲き繋いでいます。 これらのノギクが同じ種類のものなのか、 それとも何種類かが、秋が深まるにつれて 順番に入…