淡々と・・・

淡々と過ぎていく日々、心にとまったひとこまを写真と短文で綴っています。

キノコ

キノコ17

秋のキノコのシーズンがやって来ました。 かつては、キノコは秋だけのものかと思って いましたが、今年の梅雨時、雑木林に続々と 出現するキノコたちを見てからは梅雨時も 結構キノコが出るのだと知りました。 このところ、ようやく秋の長雨が終わったよう …

キノコ16

天気予報のサイトで雨雲の様子を見ると ほとんど雲は表示されていないのに外に 出ると雨粒がポツポツと当たります。道路も 乾いてこないところをみるとやはり雨は降って いるのでしょう。 田んぼに下りて行く坂道の途中にまた見たこと のないキノコを発見し…

キノコ15

とうとう庭にまでキノコが生えてきました。 紅色のきれいなキノコが2本。 これまでもたまにキノコが生えることはあり ましたが、大抵は茶色や灰色の地味なもので こんなに鮮やかなキノコは初めてのお目見え です。今年は、私の人生で一番たくさんの種類 の…

キノコ14

↓<成長して傘が開いた状態> 朝の散歩を楽しみにしていますが、山は朝晩は 雨が降りやすので今の季節は起きてガッカリする ことが多いです。 昼近くになって道が乾いてきたので母と一緒に いつもの元雑木林を利用した公園に散歩に行き ました。公園の端をゆ…

キノコ13

連日の雨が地中のキノコを目覚めさせたよう です。松の木の根元にキノコが、たくさん 生えていました。このキノコは食べられそう な予感もするけれどどうかな? ここのお宅は、生け垣がなく庭と歩道を歩く 人の目の高さが同じくらいになるので丁度良 くキノ…

キノコ12

公園の一角には元々雑木林だった小山があり ます。 普段は子供たちが遊んでいたりするので横眼 で見て通り過ぎるだけですが、今にも雨が降り そうな日は、閑散としているので木々の間を 歩いたりします。 先日も雨のやみ間に訪ねてみると木の洞の所に キノコ…

キノコ11

ようやくまとまった雨が降りました。 でも、半日でやんでしまいました。 もう少し長く降ってもよかったのになぁ と思いながら今朝も雑木林に入りました。 パサパサに乾いていた地面はしっとりと 濡れています。「良かったね、一息ついた ね」、と心の中で話…

キノコ10

雑木林を歩いていると時々キノコが生えた 木に出会います。 キノコが生えてくるということはその木が 弱っている傾向にあるということです。 病気なのか、寿命なのか、いずれにせよ 抵抗力の落ちた状態になった時、胞子が侵入 して生えてくる仕組みのようで…

キノコ9

適度な気温と大量の雨。 我が世の春と増え続ける。 山は怒りを水として吹き出し続ける。 眠っていた胞子が覚醒する恐怖。

キノコ8

いつだってマイペース。 どこからともなくやってきて。 静かに深く進攻する。 森の奥の穏やかな場所で。

キノコ7

雨のやみ間をぬって歩く。 目を凝らせば小さな小さな傘の群れ。 半透明のビニール傘たち。 透けて見えるのは逞しい命。

キノコ6

暑すぎた夏のせいなのか? 毎日、毎日、雨が降る。 地球だってシャワーしたい! 恩恵にあずかるものもいるらしい。

キノコ5

とうとうお出まし。 土の中の胞子が目覚め。 しっとりと濡れた草のベッドから。 呼びました?と応えるように。

キノコ4

年老いた木に宿る。 木はたくさんの命を支える。 たくさんの命も木が土に還るためにはたらく。 命はめぐる、環のように。

キノコ3

ケンカしながらも一緒にいる。 一人は怖い。 一人は淋しい。 ギューギューづめの小春日和。

キノコ2

森の中で自然に生きている。 地味に開いたり閉じたりしながら。 フワフワの落ち葉のベッドだけを望んで。 欲張らない。頑張らない。 たまにお湿りがあれば万々歳。

キノコ

自分の居場所がみつからない。 いつから? ずーっとずーっと前から。。。