淡々と・・・

淡々と過ぎていく日々、心にとまったひとこまを写真と短文で綴っています。

カリン(実)

今年も近所のカリンが実りました。 過去の記事を確認すると昨年とほぼ同じ時期 です。 カリンの木は、枝を上へまっすぐ伸ばす性質 があるようで枝が横に広がらないため狭い場 所でもコンパクトに収まっています。 実が大きくなってくるとまっすぐだった枝は …

ノイバラ(実)

朝、冷え込んだ日は昼間はポカポカ陽気に なります。 紅葉にはまだ早い雑木林ではノイバラの実が 赤く目立っています。もう少しするともっと 赤味を増しますが、その頃になると鳥にだいぶ 食べられてしまいます。鳥は命をつなぐため、 私は眺めて楽しむだけ…

ピラカンサ(実)

6月に白い小花をたくさん咲かせていたピラ カンサが、今は赤い実をつけています。 花をたくさんつけていたので実もたくさんなる だろうと思っていたのですが、予想していた ほどたくさんはなっていません。梅雨が長くて 虫が受粉に来なかったのか、それとも…

コムラサキシキブ(実)

昨年より少し遅れてコムラサキシキブの実が 紫色に色付いてきました。 この実は、透明感はないのですが、不思議な 魅力を持った実です。 何かに例えることが出来るだろうか?と考え てみましたが、思いつきません。 ブドウの色は、もっと暗い紫ですし、ジャ…

イチジク(実)

小粒のイチジクの実が、スーパーの野菜売り場 にたくさん並ぶ季節になりました。 この地方では、小粒のイチジクを甘露煮にして 食べる風習があるようで、初めてたくさんのイ チジクを目にした時はちょっと驚きました。 幼い頃、住んでいたアパートの裏庭には…

ヤマボウシ(実)

今年は、ヤマボウシの実りが悪いようです。 6月に花は、たくさん咲いていたのですが、 実をつけている木を探すのが大変なほど少ない です。昨年は多くの木に赤い実がついていたの ですが、どうしたことでしょう。 季節が巡って、毎年同じような顔ぶれの植物…

イタドリ(実)

夏に小さな小花を咲かせていたイタドリが 今は、実をつけています。 ちょっとした空き地や土手など至る所に増 えてしまうため今は困った存在ですが、漢 方薬や太い茎は杖の材料としても役に立ち 利用価値のある植物です。 冬になると地上部は枯れてしまいま…

エノコログサ(実)

エノコログサは、野原に行けばどこにでも生え ています。 初夏から秋まで長い間見ることが出来るので 花がいつ咲いて実がいつ実っているのかよく わからない植物ですが、実は穀物のアワの原種 であることを最近知りました。 一時は、アワやヒエなどの雑穀は…

ハナミズキ(実)

木々の中で今年もハナミズキの葉が、一番最初 に色付き始めています。 葉の間には、朱色の実をしっかりと抱えている のが目立ちます。この実は、葉がほとんど落ち てしまっても残っていて、冬空で鳥が来るのを 待っているのをよく見かけます。冬の雲ひとつ …

稲刈り

9月に入ってから朝から晩までスッキリと晴れ た日がないような気がします。 そのせいか、今年の稲刈りは遅れ気味です。 素人目には十分実っているように見えてもまだ まだ収穫には早い状態なのかなぁと思いつつ でも台風が来たらどうするの?と余計な心配を…

ゴーヤー(実)

暑い盛りに花をつけていたゴーヤーがたった 1個だけ小さな実をつけました。握りこぶし くらいの大きさです。 雄花はたくさん咲いたのですが、雌花はほと んど咲かなかったのでたった1個でも実が ついて嬉しいです。いたずら心で庭の空いて いる所に植えて…

ミヤマガマズミ(実)

春、たくさんの小花を咲かせていたミヤマ ガマズミが、今は赤い実をつけています。 山にはガマズミの仲間がたくさんあります。 たいてい少し湿り気のあるヒンヤリとした 場所を好んで生えている木です。 赤い実がなっている部分が、春は小さな白い 小花の集…

トチ(実)

5月の下旬にたくさんの花をつけていたトチが 実をつけています。 あんなにたくさんの花を咲かせていたわりには 実の数はまばらでちょっと期待外れです。 木の下を歩くと大きな果実が落ちているのが目 につきます。果実は硬い殻に覆われていて中に はクリに…

ノブドウ(実)

そろそろノブドウの実が色付いてきました。 食べても美味しくないそうですが、同じツル にカラフルな実がたくさんついています。 この実は、本来白色のものが正常だそうですが 中に虫が入り込むことによって細胞が異常な 発達を遂げ、色も様々に変化するそう…

ブドウ(実)

近所にブドウ棚を作っているお宅があります。 そろそろ色付いてきた頃かな?と思ってのぞい てみるとだいぶ紫色になっていました。 マスカットかな?と思っていたのですが、巨峰 かピオーネのような種類のようです。 普通の住宅の庭に作られたブドウ棚なので…

フウセンカズラ(実)

散歩コースの途中に昔、小学校だった分校跡が あります。その反対側は、小さな畑になって いて早朝から持ち主の女性がせっせと仕事を しています。畑の周囲には、いつも季節の花々 がきれいに咲いていて、きっと女性は花が、好 きな方なんだろうな、と推測し…

ホオズキ(実)

庭のホオズキが色付いてきました。 一度涼しさを知った体に台風が持ち込んだ 湿度の高い空気はほとほと堪えるもので夜に なっても寝苦しいまま朝を迎えました。 ホオズキは、ナス科の植物で、オレンジ色に色 付く袋状の部分はガクが変化したものです。袋 の…

クルミ(実)

クルミの実がだいぶ大きく目立つようになって きました。 花の頃、雄花だけが目立ってどこに実が生るの だろうと思った雌花は、今は大きなブドウの房 のような形になってかたまって生っています。 熟すと茶色くなって下に落ちますが、実際、私 たちが食べる…

クリ(実)

今年もクリの実の成長は順調な様子です。 クリといっても雑木林にあるクリは山栗で 農家の方が栽培しているクリよりはだいぶ粒が 小さいです。多分半分くらいの大きさです。 もう少し秋が深まると自然にイガが割れて木の 下に可愛いクリの実が落ちているよう…

イネ(実)

低温と長雨が続いていた頃は、またお米が不作 になるのでは?とハラハラしていました。 (若い方は、平成の米不足をご存じないかもし れませが) ところが、一転このところの暑さ続きで田んぼ のイネは、みるみる穂が充実してきました。 田んぼの横を通ると無…

ハマナス(実)

濃いピンク色の花を咲かせていたハマナスは、 今、赤い実をつけています。 赤い実は、丁度プチトマトくらいの大きさで パッと見た目はそっくりです。実は、食べる ことが出来、ビタミンCやリコピンが多く含ま れるそうです。 ハマナスは、北海道の花に指定さ…

ヤブデマリ(実)

5月にアジサイによく似た白い花をたくさん 咲かせていたヤブデマリが、今は赤い実をつけて います。 多くの花木は、赤い実を秋から冬につけること が多いのですが、ヤブデマリは、夏に赤くなり、 更に熟すと黒くなってきます。雑木林の沢沿いに 多く見られ…

ブルーベリー(実)

ブルーベリーの実が熟してきました。 ベリーの類は、全ての実が一斉に食べ頃になる のではなく、一粒一粒が順々に熟すので収穫 する場合は手間がかかります。ベリー類を育て ている友人の話では、熟したものから摘んで 日々冷凍して、ある程度のまとまった量…

フサスグリ(実)

昨年はほとんど実がつかなかったフサスグリ が今年は少し実りました。 雨に洗われた赤い実は向こう側が透けて見え るようにピカピカ光っています。 フサスグリは、春に小さな淡黄色の花が咲き 6月から7月にかけて小さな実がなります。 熟しても緑色のまま…

ウメ(実)

今年も梅干しの仕込みを始めました。 今年はいつもの半分の5kgのウメを漬ける予定 です。庭の梅の木はもうあまり生らないので ほとんどは買って来たウメの実で作ります。 昨年までは10kgのウメを漬けていましたので 半分になるとだいぶラクに感じます。 梅…

ジューンベリー(実)

春、サクラの花と同じ頃、白い花が咲いている 木がありました。最初は、サクラの一種かな? と思っていましたが、赤い実が付き出したので 調べてみるとジューンベリーだということが わかりました。 ジューンベリーは、名前は聞いたことがあり ましたが、実…

ヘビイチゴ(実)

コンクリートのすき間に這っているヘビ イチゴに真っ赤な実が連なって熟しています。 土のある地面は他にいくらでもあるのにこの ヘビイチゴは、なぜ、よりによってこんな狭い すき間に芽を出してしまったのでしょう。 春、ヘビイチゴは黄色い小さな花をたく…

ユスラウメ(実)

このところの日中の暑さでユスラウメの実が あっという間に赤くなってきました。 直径1.5cmくらいの実がたわわについて います。 朝晩の気温差の激しさからか、最近私は、 あまり体調が良くありません。 今朝はひどい頭痛と吐き気でしばらく起き上が れま…

ヤマザクラ(実)

↓<一部拡大> 4月にたくさんの花を咲かせたヤマザクラに 今はたくさんの実がついています。 果物として売られているサクランボよりかなり 小さい実ですが、数は結構たくさんついてい ます。 人間が食べるサクランボは西洋から入ってきた セイヨウミザクラ…

アオキ(実)

昨日は、朝から蒸し暑く、老体には急激な 気候の変化が堪えるようで我が家の老人達は 不調を訴えて過ごしています。 朝は煙るような霧雨だったのが10時頃には 本降りの雨となり、一日中降っていました。 今年もアオキの実が雑木林の中でツヤツヤと 実ってい…