淡々と・・・

淡々と過ぎていく日々、心にとまったひとこまを写真と短文で綴っています。

ミヤマガマズミ(花)

雑木林の木々の葉もほぼ出揃って林の中は、

すっかり薄暗くなりました。

そんな雑木林のそこかしこで真っ白なミヤマ

ガマズミの小花の塊が、目に留まります。

それほど大きくはならない落葉低木ですが、

緑陰の中で咲く集合花は大変目立ちます。

ところが、ミヤマガマズミは花が終わると一

旦存在を消します。夏の間は葉と同じような

色の青い実を育てながら過ごし、秋になると

1個1個の花が真っ赤な実に変身して再び注

目される存在となるのです。赤い実は、果実

酒として楽しんだり、鳥たちの秋から冬の貴

重な食料としてしばらくの間活躍することと

なります。

日本には、約16種類ほどのガマズミの仲間が

存在するといわれています。ヤブデマリやオ

オデマリのような一見アジサイの仲間かと思

うような樹木も実は、ガマズミの仲間です。

今年は、しばしば季節が逆戻りするような気

温の低い日がありますが、それでもガマズミ

の仲間の開花は平年並みに進んでいるようで

す。

真っ白な花が真っ赤な実に変わる自然界のマ

ジックは、ちょっとやそっとのことでは揺る

がないということなのでしょう。

 

tantan10.hatenablog.com