淡々と・・・

淡々と過ぎていく日々、心にとまったひとこまを写真と短文で綴っています。

樹氷

今朝起きたら家の前の公園の木が小さな 樹氷になっていました。 この冬一番の積雪です。 昨夜の間に降った雪が朝の冷え込みで凍って 裸木をみごとな芸術作品に変えてしまいま した。(蔵王の方には笑われるでしょうが) 毎日雪は薄っすらと積もっては消えて…

雪景色

雪の降る日は静かです。 食料も燃料も準備万端で出かけなくて 良い日なら雪の日もよいものだなぁ と思います。 この冬は今のところほとんど雪が降らない ので雪の日の静寂もほとんど味わえてません。 スキー場や各地の雪まつり会場は大変困って いるようです…

ルーティン

メリハリのない天気が続いています。 雪は降ることは降るのですが、とても 水分の多いビチャビチャ雪。 少し積もってもすぐ消えてしまいます。 積雪がないのは、片付ける苦労がないので ありがたいことですが、いつもと違うという ことは不安なことでもあり…

積雪

とうとう雪が積もりました。 私の地域では、この冬初めての積雪です。 前日から気温が低く夕方からは雨も 降って来たので夜には雪に変わるかな? と思っていました。 夜中に目が覚めた時、シーンと静まり かえった気配を感じて外を見たら案の定、 白い世界に…

初雪

起きたら外は薄っすらと雪化粧して いました。 明け方、外を見た時はシリウスが煌々と 光って晴れていたはずですが、 いつの間にか砂糖をまいたように 外は白くなっていました。 急いで写真を撮ったのですが、泡雪は たちまち消えてしまい残念な写真。 これ…

寒椿

雪をかぶっても咲き続ける。 するべきことをただ毎日繰り返す。 冬に咲くという宿命。 受け入れてただ歩み続ける。

氷穴

凍りついた水面。 水鳥さえも拒む。 太陽はわずかな手掛かりを見逃さない。 点々と散らばった心を溶かす。

泡雪

粉砂糖のふりかけ。 積もってはたちまち消える。 心に積もる憂さ。 熱き心で溶かせたら。

誰かが通った跡。 粉雪がたちまち消していく。 消えないうちに後に続けば楽。 あえて違う跡をつけて進んでみる。

結晶

気温がグングン下がる。 気体から液体へ。そして固体へ。 人のきれいな気持ちも固めておけたら。。。